002,025
1:1

模型のページ

模型とは本来、作成過程も楽しみの重要な要素なのだが、
近年完成品が売ってあるとはいかがなものか。
といいつつ、年々未製作でお蔵入りするのが増えている現状で文句は言えないしw

TOPへ  メニューへ


辛子に古風基地航空ショー

 

 

ダイキャスト製1/72

情報は全て「辛子に古風」様のご提供です。

自分が持っている1/72スケールダイキャストモデルを並べて写真を撮りました。ちょっとピンボケで恐縮です。スカイホーク、ハリアーの小ささ、サンダーボルト、フランカーのデカさを味わって頂ければ幸いです。

 

 

 

 

<kのコメント>

現用航空機には、エリア88読んではまった。クルセーダーに始まり、ドラケン、タイガーIIと、主人公キャラの乗機集めから始まり、クフィルやミグ21などに手を出し、F15、F14などのお約束も作り、A10の迎撃タイプ(爆)を創作したりもした。Mig29とSu27作ったあたりから興味が薄れ、今に至っている。本当は興味が薄れたのではなく、子どもが大きくなって家の部屋の大移動があり、塗装ブースがなくなってしまったことが主原因だ。F14のソ連海軍バージョンなど作るのが好きで(Su27と同じ塗装で、マーキングと武装は全てソ連製)、クフィルの米空軍仕様は一番のお気に入りだ。

A4スカイホークは小学生の頃からのお気に入り。電子装備増強に伴う背中のコブモデルではなく、前期のスマートな機体が好きだ。小学生の身では攻撃機という意味がわからず、「空戦で強い」と思い込んでいた。が、近所の後輩がF4を手に入れ、その大きさや主翼端の上反角、垂れ下がった水平尾翼に強いショックを受け、「これからはファトムの時代だ!」と意を決したものだ。後日ミラージュ(デルタ翼)目にして同じことを誓ったがw

しかしA10はすごい。スツーカやシュトルモビクの後継だけあって、その威圧感は強大。下方視界確保のために後ろにずらされ、低速での運動性確保のために後退角を抑えた主翼。地上からの被弾率を減らすために後部上方に設置されたツインエンジン。なによりも機首にオフセットしてまで設置された30mmバルカン砲。これが300機あったら、バルバロッサの行方は変わっていたかも知れない。

辛子に古風さん、ありがとうございます。久々に翼の夢をみることができました。仕事に一段落(人生に一段落w)したら、模型三昧の生活に入る予定なので(11年後w)、その時には辛子に古風空軍(海軍)の航空隊に戦いを挑みます。デルタ翼つけたA10や米軍マーキングで米軍武装したSu27らが貴軍を奇襲しますので、ご覚悟くださいw